スマホ画像からオリジナルLINEスタンプを作成。

LINEスタンプ制作・作成代行サービス【Hapi Sta!(ハピスタ)】

LINEスタンプの作り方

「LINE CREATORS STUDIO」を使ってLINEスタンプを作ったけど簡単にリジェクトされたお話

投稿日:2017年6月13日 更新日:

誰でもLINEスタンプがスマホのみで簡単に作成できるアプリの、「LINE CREATORS STUDIO」を使って、昨日LINEスタンプを作ってみたのですが、審査に出して1日ですぐリジェクト(審査脱落)してしまいました。

「LINE CREATORS STUDIO」でリジェクトはどのように対応できるのか、実際に試してみましたのでご覧頂ければと思います。

リジェクト(審査脱落時の通知)

LINE CREATORS STUDIOを使ったLINEスタンプの制作方法

審査の状況はLINEのメッセージで上記のように通知が入ります。
「申請したスタンプがリジェクト(審査落ち)されました。」
とメッセージが届きました。

 

リジェクト内容の確認

LINE CREATORS STUDIOを使ったLINEスタンプの制作方法

リジェクトの理由を確認しようと、「LINE CREATORS STUDIO」のアプリを開いたのですが、スマホのアプリ内ではリジェクト理由を確認する事ができないようです。
「LINE CREATORS MARKETのWebサイトのメッセージセンターで詳細をご確認ください。」と書かています。
なんだよ!アプリ内で確認できなくて、結局パソコンでWeb開くんだ!と思いました。
(2017年6月13日現在)

 

パソコン開いてLINE CREATORS MARKETのWebサイトで確認

LINE CREATORS MARKETをブラウザで開くと、左側のメッセージセンターに”N”と表示され、メッセージが届いています。

LINE CREATORS STUDIOを使ったLINEスタンプの制作方法

 

「メッセージセンター」をクリックすると、受信メッセージの一覧を見る事ができます。

LINE CREATORS STUDIOを使ったLINEスタンプの制作方法

 

リジェクト理由の詳細を確認

リジェクトされた理由の詳細は以下の通りでした。

LINE CREATORS STUDIOを使ったLINEスタンプの制作方法

<リジェクトされた理由>
理由1:日本語タイトル、説明文が第三者の商標権、著作権、意匠権を侵害し、利用条件に違反。
理由2:画像の権利の所在が明確でない

どうやら、スタンプのタイトルと説明文にいれた「LINE」という単語がダメだったようです・・・。
この「LINE」という言葉が商標権を侵害するとの事ですね。

LINE CREATORS STUDIOを使ったLINEスタンプの制作方法

続いて、理由2の「画像の権利の所在が明確でない」というのは、以下8個のわんちゃんの画像が誰に著作権がある画像なのかが明確になっていないという意味になります。
もし他人が撮った画像などで、著作権が他人にある場合、その画像を2次加工する事が著作権を侵害する可能性ができきます。
このような理由からその画像が自分本人が撮影された画像である証明をしなければなりません。

ここがLINE社の審査で一番面倒な部分ですが、著作権を侵害していないかどうかはしっかりLINE社へ説明する必要があります。

LINE CREATORS STUDIOを使ったLINEスタンプの制作方法

 

次回は、この画像の権利の所在を明確に証明する為の方法をご紹介させて頂ければと思います。
この「LINE CREATORS STUDIO」のアプリを実際に使ってみて個人的な所感は、早いうちにリジェクトの内容もこのアプリ内で確認できるようにしてほしいと思いました。

 

Hapi Sta!のオリジナルLINEスタンプ制作サービス

オリジナルLINEスタンプ制作サービスHapi Sta!では、完全オーダメイドで8個3,500円〜お客様のご希望のLINEスタンプを制作させて頂きます。
スタンプ内のセリフもお好きな文言を自由にいれる事ができます。

お申込は以下LINEのお友達登録をして頂き、LINEにてスタンプ用画像をお送りください。

友だち追加

LINEスタンプデザインサンプル

-LINEスタンプの作り方

Copyright© LINEスタンプ制作・作成代行サービス【Hapi Sta!(ハピスタ)】 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.