メニュー

LINEスタンプが売れた時の収入はいくら?

LINEスタンプを制作する際に気になるのが、スタンプが売れた時の収入の金額。
今回は、LINEスタンプが売れた時の収入の計算の仕組みをご紹介します。

LINEスタンプが売れた時の収入

LINEスタンプが売れた際の収入は、売れた場所によって金額が異なります。
LINEスタンプが購入(ダウンロード)できる場所は、「LINE STORE」と「LINEアプリ内のスタンプショップ」の大きく2箇所あります。
今回はスタンプ1セット120円で販売した場合の収入金額に関してご案内します。

①LINE STOREで売れた場合

LINE STOREにて制作したLINEスタンプがダウンロードされた場合の収入金額は、42円になります。
120円のうち35%の42円がLINEスタンプ制作者の収入となります。

 

②LINEアプリ内のスタンプショップで売れた場合

LINEアプリ内スタンプショップでダウンロードされた場合の収入金額は、31円(30.8円)となります。
スタンプショップでは1セット、50LINEコイン(88円)で販売されますので、88円×35%=31円が収入金額となります。

ちなみに収入割合の「35%」の内訳は以下の通りとなっています。
Apple(iPhoneの場合) or Google(アンドロイドの場合)手数料:30%
・LINE社の収入:35%
・LINEスタンプ制作者の収入:35%

 

収益化の流れ

①クリエイターの登録

必要な情報を入力しクリエイターの登録を行う。

②テキスト情報と画像の登録

タイトルや説明文等のテキスト情報を登録。
必要な画像をアップロード。

③審査

販売基準を満たしているかどうかの審査をリクエスト。

④販売開始

審査通過後、リリースボタンをクリックするとLINE STOREで販売スタート。
販売価格は複数の価格設定の中から自由に変更可能です。

⑤売上の受け取り

AppleやGoogleなどの手数料30%を除いた売上の50%がご登録の口座に振り込まれます。

 

売り上げの受け取り方「LINE CREATORS STUDIO」

クリエイターズマーケットのマイページにアクセス。
「売上/送金」から「送金申請」を選びます。
※注意点:売り上げが1,000円を超えないと送金申請できない.
銀行口座への送金手数料は540円。

 

LINEスタンプは稼げるのか?

クリエイターの90%はスタンプが1つも売れたことがないというデータもあります。
しかし、中にはLINEスタンプで月10万円以上稼いでいる人もいます。
実際問題、トップクリエイターやSNSでの影響力がある人以外はなかなか稼ぐのが難しいのが現実です。

 

LINEスタンプが稼げない理由

クリエイター&スタンプの数が多く、競争率がめちゃくちゃ高い。
SNSなどで知名度がない限りは収益化するのは相当難しい。
他にも稼ぎにくい理由として、「手数料の高さ」がある。

 

上位クリエイターはどうやって稼いでいるのか?

・SNSで影響力が大きい
・シリーズ化をしている
・海外向けにも販売している